【最新版UP】一目で分かる!車の税金額を排気量別で徹底比較!

こんにちは、車ラボです!今回は常に最新版にアップデートする自動車税の早見表を排気量別でまとめました!

税金003

2016年(平成28年)4月1日以降、新車登録から13年が経過した車の重量税が前年度から5%の増税に義務づけられました。

重量税は車検時や新車購入時に一緒に支払いするため普段あまり意識しない項目ですが、例え5%とはいえ決して安くない金額です。

そんな改訂部分も踏まえて最新版の自動車税早見表をご紹介します!

【随時更新】2016年度からの重量税早見表!

重量区分軽自動車1トン以下1.5トン以下2トン以下2.5トン以下3トン以下
13年以下6,600円16,400円24,600円32,800円41,000円49,200円
13年超え8,200円22,800円34,200円45,600円57,000円68,400円
18年超え8,800円25,200円37,800円50,400円63,000円75,600円

【随時更新】2016年度からの自動車税早見表!

総排気量13年以下13年経過
軽自動車一律10,800円一律10,800円
1ℓ以下29,500円33,900円
1~1.5ℓ以下34,500円39,600円
1.5~2ℓ以下39,500円45,400円
2~2.5ℓ以下45,000円51,700円
2.5~3ℓ以下51,000円58,600円
3~3.5ℓ以下58,000円66,700円
3.5~4ℓ以下66,500円76,400円
4~4.5ℓ以下76,500円87,900円
4.5~6ℓ以下88,000円101,200円
6ℓ超111,000円127,600円

政府の狙いとは?

新車購入時から13年経過した車に対して増税した理由は一体何なのでしょうか?

実際に13年経過している車に乗っている人からすれば本当に良い迷惑ですよね。

実は、これには訳があります。

昨今の国内自動車産業の業績悪化から見ても分かるように車を新しく購入する人の割合は年々減少傾向にあります。

日本経済を支えてきたトヨタやホンダといったメガ企業の業績は日本経済に大きく影響してくるのです。

そこで、新車の購入サイクルを促すために古い車への増税を行うことで、若い世代に長い目で見て車選びをしてもらいたいといった狙いが隠れています。

まとめ

いかがでしたか?

今の若者世代の年収はどんどん下降傾向にあります。

そんな中で車を購入することなんて一苦労なのに更に増税なんて余計自動車業界を圧迫しそうな気がします。。。

車の購入は収入と予算を考えてからにしましょう!