トヨタプリウスアルファの値引き限界相場と交渉レポート2016年版!

こんにちは、車ラボです! 今回はトヨタプリウスαの値引き限界相場と交渉レポートをご紹介します。

プリウスA

▶︎中古車の価格検索はこちら

  こんな記事も読まれてます  

「プリウスアルファ」は、2011年5月に発売された2列5人乗りと、3列7人乗りのシートタイプを設定するステーションワゴン型のハイブリッド専用車で、先代の「プリウス」の派生車種です。

2015年12月に「プリウス」がモデルチェンジされたあとも、並売されつづけています。

プリウスアルファの値引き限界相場

プリウスα1

値引き目標相場最低値引き相場
25~26万円23万円

一般的には「プリウス」を始めとするトヨタのハイブリッド車は値引きが難しいといわれていますが、けっして不可能という訳ではありません。

特に今回ご紹介する「プリウスアルファ」は、フルモデルチェンジされた「プリウス」と異なり、2011年にデビューしたままフルモデルチェンジされていない、いわば旧型のままということもあり、かなり期待出来る状況にあります。

オプションなどの装着状態により多少変わりますが、値引き目標としては25~26万円、最低でも23万円は確保できるはずです。

 

値引き成功には準備が大切!

下取り01

フラリと店頭に行っても希望の値引きが可能になるほどあまくはありません。

ディーラー側はいかに利益を確保しつつ、多くの台数を売るか、入念に準備をしているのです。

そして毎日のように商談をしているプロだということを忘れないで下さい。

こちらは数年に一度しかその体験は出来ないアマチュアなのですから、まともに戦ったら勝負になりません。

しかし、唯一、相手になくてこちらが豊富に持っている武器があります。

それは時間です。ディーラーと営業マンは毎月、毎週のノルマに追われ、常に勝負を急いでいます。

時間をかけて十分な準備をすれば勝機は十分にあるのです。

そしていつスタートするのかも、こちらが決められるのですから。

希望する車種の価格、値引き相場、愛車の下取り相場、競合相手、その車種の売れ行き、保険など調べるべきことはたくさんありますが、今はネットでほとんど調べられます。

余裕があればメーカーから本カタログやオプションカタログを取り寄せられればベストでしょう。(各メーカーのWebサイトで申し込めば、一週間ほどで届きます。もちろん無料です。)

 

交渉の裏側とは?

値引き交渉

値引き交渉とは、売る側と買う側の双方の利益をめぐる駆け引きですから言葉には出さないけれどもそれぞれに思うことがあります。

お客さんが来店されると、営業マンが真っ先に見るのが乗ってきた車の車種とおおよその年式、さらには車検ステッカーです。

営業マン

「いらっしゃいませ!」

”おっ、前の型の〇〇だな。車検も近いし、これは美味しい客だぞ!”

次に見るのが家族構成。

”ご主人と奥さん、子供が2人。それでこの車じゃ不便だろう。やっぱりミニバンの方へ行ったな”

そして、何気ない会話の中から決定権者を探ります。

”ご主人が熱心に見ているけど、奥さんはさっきから価格表を見ている。財布の紐は奥さんがにぎっていそうだ。奥さんにも気を使わないとまずいな。”

見積りが出ると夫婦二人に気配りすることを心がけます。

「これだけお得になります。今日だけですよ!」

という金額面では奥さんに

「このエンジンは・・・」といった車種の説明はご主人にといった具合です。

特に値引き交渉が最終局面にさしかかった時には

営業マン

「これが限界なんです、お願いします!」と奥さんにうったえかけます。

「どーする?これにする?」

と、奥さんがご主人に言ってくれれば、ほぼ成功です。

そのためにも営業マンは、いかに断りつらい状況にもっていくかが重要です。

新雪丁寧に説明し、お客さんの話をよく聞いて自分は味方であることをアピールし、短い時間の中で信頼をえるのです。

それだは営業マンの思惑通りになってしまうじゃないかと思いますよね。

だからお客さんとしては、最初の商談時には、家族を同伴しないことです。

そして最後に自分一人では決められないことをアピールすればいいのです。

営業マンが勝手に本人次第で買ってまらえると、値引き条件を絞り出させるためです。最初にいってしまうと、

営業マン

”値引きを提示しても無理なら今回は無難な話だけにしておこう”

となってしまうからです。

 

下取り価格のカラクリ

値引き交渉01

交渉の重要な決め手になるのが下取り価格です。

新車の見積金額-値引き-下取り価格が、総支払額となりますので、下取り価格は値引き以上に重要な判断基準になります。

特に、十分な価値の残っている高年式車は買取り店によっても場合によっては数十万円も異なるので、選択を間違えると頑張って値引き交渉した金額も吹っ飛んでしまいます。

そして、ディーラー下取りの一番悪いところは、その重要な下取り価格をあえて軽んじて伝えることです。

買取り専門店なら、それが本業ですから買取り金額をはっきり言いますがディーラーでは値引きと合算して伝えるケースが多く、いったいいくらの価格が付いたのか車を購入したあとでも分からないこともあり大損するかもしれません。

 

愛車の下取り相場を知っておくことが大切

大損しないためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、自分の愛車の下取り相場を把握しておくことです。

下取り相場はディーラー側から、

「〇〇万円です」と言われるだけで自分で調べられなければそうなんだと思うしかありません。

しかし、下取りの相場を知っていれば、「相場より安いな。値引きが粗糖大きくないと納得できないぞ」とか、「相場以上に評価してくれた。値引きが少なくても納得できそうだ」といった基本的な判断が出来ます。

それから値引き交渉を進めれば、けっして損はしないはずです。

ではどうしたら、自分の車の下取り相場を知ることができるのでしょうか。
かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

『かんたん車査定ガイド』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点がとても魅力的です!

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー

関連記事はこちら