トヨタカローラフィールダーハイブリッドとプリウスの違いを比較!

こんにちは、車ラボです! 今回はトヨタカローラフィールダーハイブリッドとプリウスの違いを比較して、どっちがどんなユーザー層に適しているのかをご紹介します。

カローラフィールダー プリウス

▶︎中古車の価格検索はこちら

カローラフィルダー・ハイブリッドとプリウス

「カローラフィルダー・ハイブリッド」は、「アクア」と同じ1.5Lエンジン+モーターのTHSⅡハイブリッドシステムを採用する、ステーションワゴンです。

デザインは先進的な「プリウス」とは対照的にオーソドックスであり、低燃費志向のハイブリッド車でありながらも、価格帯も含めてユーザー層も異なります。

「カローラフィルダー・ハイブリッド」のユーザーは、その広いラゲッジスペースに、レジャー用品を積みこみ、海や山へと積極的に出かけ、走行距離もかなり多くなる傾向があります。

かと言って、ミニバンの様な多人数乗車は想定しておらず、都市部でも都会がってのいい乗用車タイプなので、日常のちょっとした用事でも気楽に出かけることも出来ます。

ファミリー層というより、アクティブライフを楽しむ若い人が好むようで、けっしてオシャレとは言えないオーソドックスなデザインは、流行り廃りに関係なく、長く所有しても飽きが来ないという利点があります。

ジーパン(最近はデニム?)のように、気取らずに使い倒せるイメージでしょうか?

「カローラフィルダー」には安価な1.5L車もあり、予算に応じて選ぶことも出来るのが強みです。また、1.5Lじゃ物足りないし、ハイブリッドは隙に慣れないというのなら、パワフルな1.8L車という選択も有ります。

「プリウス」のユーザーは圧倒的にファミリー層が多いのですが、前衛的なデザインに関わらず、かなり年配の方も多いようです。

価格帯が「カローラフィルダー・ハイブリッド」よりかなり上ということもありますが、同じハイブリッド車でもミニバンの「ノア/ヴォクシー」のユーザーの様に、小さなお子さんがいる家庭ではなく、ご夫婦二人だけというユーザーが多いようです。

車は日常的に使用していますが、頻繁に長距離ドライブするわけではないので、その低燃費性能を有効に活用してはおらず、環境負荷が少なく、低燃費性能が国内でトップである「プリウス」を所有することが、一種のステイタスの様に感じられているのかも知れません。

とは言え、新型となった「プリウス」は、走行安定性も向上し、居住性も、ラゲッジスペースも価格相応のレベルとなっています。ですから、走れば走るほどその良さが実感できるはずなので、これからの季節、遠出したくなるかも知れません。

カローラフィルダー・ハイブリッドのユーザー層

若く、アクティブなライフスタイルの男性におすすめ!

プリウスのユーザー層

比較的高齢で、余裕のあるご夫婦におすすめ!

 それぞれのライバルは?

女性2

「カローラフィルダー・ハイブリッド」のライバルは、ホンダの「シャトル・ハイブリッド」しかないでしょう。

ターゲットとするユーザー層は気わめて近く、ホンダの最新ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用した低燃費性能も、ラゲッジスペースも「カローラフィルダー・ハイブリッドを上回っています。

ステーションワゴンというより、ミニバンに近いそのシルエットは、どちらかというと、よりファミリー向けと言え、「フィルダー」に興味を持つ若い層には敬遠されるかも知れません。

カローラフィルダー・ハイブリッド

車両価格:2,195,395円~ 

JC08モード燃費率:33.8㎞/L

ホンダ・シャトルハイブリッド 

車両価格:1,990,000円~  

JC08モード燃費率:34.0㎞/L

「プリウス」のライバルはというと、存在しないというのが現状です。

先代の「プリウス」がでデビューした際には、「ホンダ・インサイト」というプリウスキラーとも言われた、強力なライバルがいて、各メディアはこぞって比較していたのですが、今回の新型では、「インサイト」やそれに匹敵する同クラスのライバルは見当たりません。

それが、新車販売が低迷する中、ただ一車、月販2万台を越える大ヒットとなった理由なのです。

トヨタにとっては願ってもない状況ですが、比較車種のない「プリウス」を買わされるユーザーにとって、本当に優れているのか図る物差しがないのは、不幸なのかも知れません。

人気のハイブリッド車は値引きが困難、ではどうする?

大ヒット中の「プリウス」は勿論、トヨタのハイブリッド車は値引き交渉が非常に難しく、大幅値引きが狙えないのが実情です。

でも、何も手が無いわけではありません。そんなトヨタのハイブリッド車でも安く買うことは可能なのです。その秘密は、下取り価格にあります。

トヨタのディーラーで100万円の下取り価格であっても、買取り店えでは120万円という額が提示される可能性があります。

これだけで20万円も得したことになり、値引きよりもずっと大きな差になります。

通常、新車ディーラーの下取り価格は、専業の買取り店よりも低いのです。

それは、システムの違いからくるもので、特に買い取った車を直接売ることが出来る買取り店は中間マージンなどが省かれることにより高く買取ることができるのです。

買取り専門店を利用するには?

ディーラーと交渉する前に、買取り専門店で査定してもらいましょう。

そうすれば、ディーラーの下取り価格との差が分かりますし、ようするに、より高い金額で下取りしてくれる方に車を引き渡せばいいのです。

ガリバーやオートセブンといった全国チェーンの大手買取り店は、需要の有る地域の最高価格を把握しているため、確実に売れてしかも高い価格を提示できるもです。

また、新車販売が低迷しているために、商品となる下取り車が不足しているために、より高い買取り価格が期待出来ます。

かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

『かんたん車査定ガイド』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点がとても魅力的です!

またしつこい電話なども一切ありません。

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー

関連記事はこちら