スバルインプレッサスポーツの新車値引き交渉方法と限界相場とは?

こんにちは、車ラボです! 今回はスバルインプレッサスポーツの新車値引き交渉方法と限界相場をご紹介します。

スバルインプレッサスポーツ

▶︎中古車の価格検索はこちら

  こんな記事も読まれてます  

値引きを成功させる準備

下取り01

スバルンプレッサスポーツの限界相場は2023万円です。

しかし販売店側はだ持ってこの金額を提示してくれるわけではありません。

新車は販売店にいきなり立ち寄って大幅な値引きを得られるほど甘くはありません。

相手は毎日の様に商談をこなすプロなのです。

対するこちらもそれなりの準備をしなければいけません。

事前にインプレッサスポーツ」と直接的な競合車となる車種の事は、メーカーのWebサイトからカタログを取り寄せて、比較しておきましょう。

カタログは販売店で交渉時にもらっても、十分に目を通すことが出来ないからです。

競合車種を販売する販売店で見積を取り、値引き金額を聞きだして、このクラスの値引き相場を知ることも重要です。

そして自分の今乗っている車の下取り価格を知ることが最も重要になり、値引き交渉においても必要になります。 

値引きが多くなる時期を狙う 

値引き交渉01

車を少しでも安く買うためには車が売れない時期に買うことです。

車が売れない時期ならば、値引きに頼る販売方法になりがちで、交渉も比較的やりやすくなります。

この車の売れない時期がいつなのかは、逆に売れる時期を考えることでわかりやすくなります。

新車、中古車に限らず自動車が一年で一番売れ時期とは、学生の卒業、就職そして決算期でもある3〜4月、そしてボーナスシーズンである67月と1112月です。

つまり車が欲しい人が販売店に退去して訪れる時期なのです。

買いたいと思う客が多く来てくれるのですから、販売する側は値引きをそれほどする必要もありません。

しかし、売れないとされる時期には、買う気が薄い客に対して、販売する側から買ってもらう行動に出なければいけません。

その為に「お買い得価格」「特別条件」といったことを前面に押し出して、交渉の初めからある程度の金額を引くことになります。

その時期とは、売れるとされる時期が終わった直後の58月と12となります。

158月は休日が多く消費者は車以外の出費が多く、また、営業日数が少ないこともあって販売店は非常に苦しい時期なのですが、販売ノルマが少なくなることもないため頭の痛い日が続きます。

そんな時訪れた新規の客はいわゆる「美味しい客」となるのです。

他店に行かれないように必死に交渉をするでしょう。

しかし、新車は欲しい!と思った時に買いたいものです。

売れない時期がわかっていても、それまで待つことは出来ません。

自動車が他の消費材と異なるのは、自動車は登録しなければいけないということがあります。

という事はその月のギリギリ月末まで待つことは出来ず、「インプレッサスポーツ」のような登録車は、車庫証明を取得するまでにかかる必須から逆算すると24あたりがタイムリミットであり、その前後の週末の展示会はその月の販売実績がかかった最大の山場なのです。

どせならその日、できれば日曜日の夕方辺りを狙う事が出来れば最高です。

 

モデルチェンジ直前を狙う

狙う

さらに、新車ならではの良いタイミングとしては、モデルチェンジ直前ということがあります。

新型が発表されると、在庫車の価値は一気に下がり、新古車などとして自社登録せざるをえなくなり利益は大きく減少してしまいます。

その為に、生産調整はするのですが、大きすぎる販売台数の減少もさけるために販売店にはある程度の台数が割り当てられ大幅値引きしてでも売り切らなければならないのです。

見た目のほとんど変わらない小改良を除き、フルモデルチェンジはもちろん、マイナーチェンジでも十分可能性があります。

フルモデルチェンジと異なり、モデルそのものに変わりのないマイナーチェンジなら購入する側も抵抗は少なく、しかも大きな値引きが狙えます。

 

下取り価格のカラクリ

交渉の重要な決め手になるのが下取り価格です。

下取り価格は値引き以上に重要な判断基準になります。

そして、ディーラー下取りの一番悪いところは、その重要な下取り価格をあえて軽んじて伝えることです。

買取り専門店なら買取り金額をはっきり言いますが、新車ディーラーでは値引きと合算して下取りとして伝えるケースが多く、値引きと下取り価格がどうなっているのかわかりません。

値引きはその車種、その営業マンの都合で決められるため知ることは出来なくても、自分の車の下取り価格には相場があり事前に調べることができます。

自分の車の下取り相場を知らないと

「値引きと合わせて50万円で下取りさせて頂きます。」

営業マンの考え

実は下取り価格は40万円だから値引きは10万円に抑えられた。これなら利益も十分出る”

自分の車の下取り相場を知っていたらこう切り替えせるはずです。

「下取りは40万円前後が相場のはずです。合計50万円では値引きが少なすぎます。」

例えば、20万円の値引きなら合計60万円にはなります。

値引き交渉でいくら頑張っても、ここでミスをすると、10万円は損することになってしまいます。

 

愛車の下取り相場を知っておくこと

最初にお伝えしたように、値引き交渉する前に、愛車の下取り相場を知ることがとても重要になるのですが、

では、どうやって自分の車の下取り相場を調べればいいのでしょうか。そこで利用したいのが、複数の業者に一括で買取り査定を依頼するサイトなのです。

 

かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

『なびくる』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点がとても魅力的です!

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー

関連記事はこちら