【最新2016版】トヨタノアの新車値引き交渉方法と限界相場とは?

こんにちは、車ラボです! 今回は新型トヨタノアの新車値引き交渉方法と限界相場をご紹介します!

ノア

▶︎中古車の価格検索はこちら

  こんな記事も読まれてます  

人気のミニバンであるトヨタのノアを次の愛車にと、検討されている方も多いのではないでしょうか?

ここではノアの値引き額の限界相場と、それを引き出す値引き交渉についてご紹介します。

ノア 値引きの限界は2225万円

トヨタノア

これはノアを取り扱うカローラ店で、実際に行われている限界値引きですが、ミニバンの中でもヒット車種であるこの値引きは簡単には引き出せません。

いきなりカロラ店に入っても、せいぜい10万円程度の値引きしか提示されないでしょう。

ノアの値引き交渉を行うためにはしっかりとした準備が必要となります。まず、競合車の見積りを取らなくてはいけません。

ノアの競合車種はホンダのステップワゴンと日産のセレナです。

両車ともにノアと同程度の販売台数であり、競争心も高く、相見積もりを取っての値引き交渉は必須となります。

中でも日産のセレナはこのクラスでは最も古いモデルにもかかわらず、最新のライバルに負けない販売成績を保つ健闘ぶり。

値引きでノアには負けるわけにはいかない為、ノアの値引きを引き出すには好都合なのです。

効果的な交渉方法とは

交渉

ノアが第一候補であっても、それを営業マンに伝えない方が、交渉はやりやすくなります。

満足出来ない金額なら、よそで購入する可能性があるが、条件次第で必ず購入する客でいたいのです。

これで営業マンのテンションも上がります。

そして、通常は値引きを小出しにして様子を見るというステップを飛ばしていきなり本題に入ってきます。

営業マン

「よそではどのような条件でしたか?」

ただの実態調査ではなく、自分のところでその条件を超えられるかどうかの真剣勝負のための情報収集です。

ここで、それを伝えず、出来うる限りの条件を出させるという方法もありますが、ノアの値引き交渉においては、包み隠さず見積もりと、値引き条件を伝えましょう。

お客さん

「これがその結果です。この条件以上が可能ならここでノアを購入しますし、不可能であれば他で購入するしかありません。」

注意点としては、競合車の見積りも十分ねばって引き出しておくことが条件となります。

そして、この段階では例の姉妹車は登場しません。予想される答えは次のようなものが予想できます。

営業マン

「いやーさすが日産さんは良い条件をだしますね。

しかし、車自体が違いますし、セレナは方が古いので、ノアと同じ値引きというわけにはいきません。

その為にわれわれが出せない数字をぶつけてきたんです。燃費にしても・・・」

つまり、性能の差を理由に無理だという事を言っており、値引き額が少なくてもノアの方が良いのですよと説得にかかります。

車の優位性に自信があるからこその強気の商売に徹しようとします。

ここでチャネル違いの姉妹車が登場することになります。

つまり、車の優位性が意味を持たない競合相手です。

チャネル間の競合を利用しよう

カローラ店扱いのノアには、ネッツ店のヴォクシー、トヨタ店とトヨペット店のエスクワイアという姉妹車があり、それぞれ異なった販売チャネルで取り扱う構図になっています。

これにより、全ての店舗で同型車が購入出来ることになり、ユーザーの利便性はもちろんのこと、全店を挙げて数多く販売できることになっています。

しかし、チャネル間の競争も激化しており、ユーザーとしてはそれを利用しない手はありません。

この中でもネッツ店扱いのヴォクシーは飛び抜けて販売成績が良く、他の2車を引き離しているだけに、ノアを販売するカローラ店としては、他メーカー以上に負けられない相手です。

当然このようなチャネル間の値引き競争はご法度とされ、地域の各トヨタ系ディーラーの間では、何らかの取り決めも存在するのですが、そこは営業の世界ですから、実際には売ったもん勝ちでしょう。

お客さん

「そうですか、それではしかたないですね。この後、ヴォクシーを売っているトヨタ店かトヨペット店へ言ってみます。もし同じ返事ならまた来ます。」

紳士協定を間正直に守る営業マンや販売店ばかりだったら、このカローラ店の営業マンも安心できたでしょうが、もし逆の立場で、他店のヴォクシ-を見た客の相手をしたらどうするか、また、ほんの少し値引きを上乗せすれば買ってもらえる客を黙って返したら、はたして店長が何というか。

答えは分かりきっています。よそへ行かせるわけにはいかないのです。

ではどうするか。

ノアがセレナ以上の値引き条件を出せるかどうか確証は持てませんが、少なくともノアの限界値引きは引き出せる可能性は非常に高いということだけは事実です。

専門店を利用して下取り相場を知っておく

もう一つ大事なことは下取り査定にあります。

せっかく頑張って値引きを獲得しても、ディーラーの下取り価格が低ければ、その努力が台無しになります。

そしてそのことに気付かないことは不幸でもあります。

ではどうしたら自分の車の下取り価格が低いか高いかが割るのでしょうか?

それは買取り専門店での買取り査定を利用することです。

新車の商談をする前に、この買取り査定を行っていれば、ディーラーの査定金額が相場より低いかどうかを見極めできますし、下取りに入れずに買取り店に売却する方法を選択する事も出来ます。

是非、買取り専門店での査定をすることをお勧めします。

かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

『かんたん車査定』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点がとても魅力的です!

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー