モビリオとシエンタの中古車値引きと交渉方法のコツは?

ホンダ・モビリオは、フリードの発売前まで販売していた初代フィットをベースとしたコンパクトミニバンで、中古車市場でも人気のある車種です。このモビリオに唯一対向するのが前モデルのトヨタ・シエンタです。中古車としても低年式車となるこのクラスの中古車の交渉がどうなるのか?両車の特徴も含めて調べてみましょう。

モビリオvsシエンタ

ホンダ・モビリオとは?

モビリオ

2001年に発売されたモビリオは、初代フィットのプラットフォームをベースとして開発された3列シートのコンパクトミニバン。そのスタイリングは箱型デザインながらも欧州の路面電車をモチーフにしたスタイリッシュなもので、現在でも十分通用する画期的なエクステリアなのです。

全長が約4mというコンパクトボディながら、ショートノーズ化と低床のパッケージングにより、コンパクトサイズのミニバンとして初めて3列シートの7人乗りを実現しています。また、1,360mmの高い室内高により、背の高い荷物や長い荷物も積載可能な多彩なシートアレンジが可能というのも、現在のコンパクトミニバンに互角に勝負できそうな内容です。

2008年に後継車種のフリードが登場して販売は終了しましたが、今でもそのスタイリングと使い勝手はフリード以上と言われるほどで、中古車市場では人気が衰えない名車となっています。

販売終了から6年が経過していますが検索サイトでも多くヒットし、その中古車市場での価格はかなり高く、売値は2006~2008年式では80~110万円ほどの高値となっています。さすがに2001年のデビュー時のものはなかなか見つかりませんが、2002~2003年式なら30~40万円台で購入出来そうです。

初代トヨタ・シエンタとは?

初代シエンタ

初代シエンタがデビューした2003年、すでにホンダ・モビリオや日産・キューブキュービックがコンパクトミニバンとして注目されていました。

ライバルと同じくボディサイズはコンパクトだが3列シートを備え、7人乗車を可能とし、後席に両側スライドドアを採用している点はホンダ・モビリオと同じ。ホンダのセンタータンクレイアウトに対向するため、薄型燃料タンクを採用し、2列目シート下から3列目シートの足元にかけて設置されている。これにより3列目シートを2列目シートの下に収めることができて、モビリオに負けない室内スペースとシートアレンジを可能としています。

シエンタの特異なところは、2010年8月に一度販売が終了していながら、9ヶ月語の2011年5月に再び発売が開始された点です。これは2008年5月に発売されたホンダ・フリードの大ヒットを見て、コンパクトミニバンの需要が見逃せない為と、パッソセッテの不振によるもの。苦肉の策のカムバックだったが、一定の評価を受けてその後2015年のフルモデルチェンジまで、足掛け12年間販売が続いたのです。

売値は2006~2008年式では80~120万円ほどの高値となっていて、ホンダ・モビリオよりも高値なのはつい最近まで現行モデルであったこともその要因でしょう。2002~2003年式なら30~40万円とモビリオと変わらないが、検索のヒット数はモビリオよりも多いようです。

低年式中古車の購入の注意点と交渉方法

女性2

ホンダ・モビリオのような新しくても2008年式、つまり8年以上前の中古車で購入するには、年式よりも走行距離が決め手になります。

一年に一万キロ走行しても8万キロ以上走行するのですから、消耗品も多く、トラブルに至る可能性も高くなります。もし、同じ価格で2008年式・走行距離10万キロのものと、2006年式・走行距離6万キロのものがあれば、まようことなく2006年式を選ぶべきです。また、同じ年式で走行距離の違いによって5万円の差があったとしても、走行距離の少ない方を選んだ方が、その後の修理費を考えれば結果的に5万円以上のコストを押さえることができます。

交渉方法としては値引きの要求をするよりも有料の保証プランや、バッテリー、タイヤなど早々に交換が必要になりそうな部品類、あるいはボディコーティングのサービス等を求める方がメリットがあるでしょう。このように新車と異なり、中古車の交渉は現金値引きにこだわらないのがコツとなります。

低年式車を売却するには?

もし低年式車を手放す場合、下取りに入れるよりも買取り業者で買い取ってもらう方がお得になります。下取りでは査定金額が付かず、廃車費用を取られる湯女場合でも、買取りなら数十万円もの金額が提示される場合があるのです。

モビリオやシエンタも2005~2006年式の車両は下取り金額はゼロであっても、中古車市場では50~60万円の売値が付いていることでもわかるでしょう。

問題はどの買取り業者が高い買取り金額を提示してくれるかですが、ガリバーやオートセブンのような全国展開する大手買取り店なら、買取った車を自社で直接販売するため、高い買取り金額が期待出来ます。
かんたん車査定ガイドなら、わずか1分でガリバーやカーセブン等の大手買取業者の見積もり価格を一括で査定することができます!

『かんたん車査定ガイド』は他社査定業者と違って、1ページで簡単申込みできるのでわずか1分で最大10社の見積もり価格を知ることができる点がとても魅力的です!

中古車を最安価格で探すなら!

やっぱり新車はちょっと高すぎて購入できないかも・・・。

大丈夫です!中古車でも状態が新車に近いほど良くて購入価格も安くて手に入れることが可能です。

そんな方には業界最大手No.1のガリバー中古車検索がオススメです!

国内最大級の品揃えと大手だからこその安心の保証と価格設定が魅力的です。

まずは、欲しい車種をこちらの公式ページから簡単検索してみましょう!

ガリバー

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら