レクサスとベンツの年間維持費はどっちが高い?徹底比較まとめ

こんにちは、車ラボです! 今回はレクサスとベンツの年間維持費を比較してまとめました。

レクサス1

高級車を購入しようと考えた時によく検討にあがるのがメルセデスベンツとレクサスです。

輸入車であるメルセデスベンツと国産車であるレクサス、どちらも高級車ですので車体価格はそれなりにお高いですが購入した後の年間維持費はどちらがお得なのでしょうか?

今回はベンツの人気車種Cクラスとレクサスの人気車種ISで維持費を比較してみます。

レクサスとベンツの年間維持費を比較した結果・・・

ベンツ Cクラス250スポーツ

ベンツ Cクラス250スポーツ

年間維持費:7.1万円

内訳
自動車税39,500円
重量税20,000円
自賠責保険11,235円
合計(年間)7.1万円
燃費

16.0㎞/L

中古価格をガリバーで検索する

レクサス IS250

レクサス IS250

年間維持費:7.6万円

内訳
自動車税45,000円
重量税20,000円
自賠責保険11,235円
合計(年間)7.1万円
燃費

10.6㎞/L

中古価格をガリバーで検索する

 

以上がベンツとレクサスの年間維持費の比較になります。

ただしこれは所有しているだけで必ずかかる維持費の計算になりますので、実際に乗るとなるとメンテナンス費用や故障の有無も考えないといけません。

一般的にメンテナンス費用は国産車よりは輸入車の方が高くなりますし故障の頻度も輸入車の方は多いでしょう。

また部品なども本国取り寄せになり割高になったりもします。

所有するだけ、もしくはそこまで距離を乗らない方であればベンツの方がお得かもしれませんが通勤などに使用したりと距離を乗る方であればレクサスの方がトータルではお得になりそうです。

まとめ

今回はレクサスとベンツとで年間の維持費を比べてみました。

以外にも国産車であるレクサスよりも輸入車であるベンツの方が年間維持費は安いという結果が出ました。

ただ、輸入車は維持費が高いと言われるの理由は今回計算した費用(自動車税や重量税など所有しているだけでかかる維持費)だけでなく思わぬ故障やその際の修理代、また点検などのメンテナンスにかかる費用が国産車に比べて割高になることが多いからなのでしょう。

確かに輸入車は国産車に比べて故障の頻度が多いです。

またレクサスは国産車最高級といっても過言ではない車ですのでその故障のしにくさは国産車でも群を抜いています。

そういった面からトータルで考えるとレクサスの方がお得になるでしょう。