新型2016ホンダステップワゴンの値引き交渉方法のコツと時期とは?

こんにちは、車ラボです! 今回は新型ホンダステップワゴン2016の値引き交渉方法のコツと時期を解説します。

新型ステップワゴン1

あなたは新型2016ホンダステップワゴン、買いますか?

ホンダのステップワゴンに2016年の新型が発売されました。

左右非対称で、リアは黒だとバランスが取れています。

横開きというのもとても斬新で、左右が非対称になっています。

ドアの幅を確保するために、左が大きいのです。

ドア側はウィンドウを拡大して、左斜め後方の視界を確保しています。

サードシート格納などもついており、魅力的です。

またエンジンは1500ccの直噴ターボで、パワーが180hpあります。

2000ccクラスと変わらないのに、自動車税は5000円安くなります。

2000ccだと年額39800円ですが、1500ccならば年額34800円と5000円異なります。

新型2016ホンダステップワゴンの魅力

ステップワゴン01

外観デザインはやや高め、ミニバンらしいボックススタイルになりました。

バックドアは左右非対称のデザインで、斬新です。

インテリアはリラックスできる色や素材を採用しており、触れてみても心地いい質感を感じることができます。シートは座り心地が良く、収納スペースもスマートです。基本的に乗る人を「おもてなし」するための車に注力しています。

温かい色調や素材を柔らかくすることで、リラックスした空間で過ごすことができます。

全体的に軽やかなコーディネートとなっています。

最新のホンダセンシングを全グレードに適用し、安全装備などをオプションで設定しています。

歩行者も検知が可能で、制度の高いレーダーで優れた安全性を確保しており、ファミリー層に非常にオススメの車となっています。

新型2016のホンダステップワゴンを買いたい!と思った場合、値引き交渉のコツと時期を考えていきましょう。

ホンダは強気

ホンダ1

基本的に、ホンダは値引きに対して非常に強気な会社として知られています。

ですので、特に新型車の場合、値引き交渉は困難を極めます。

ですが、ホンダは2016年の新型ステップワゴンに非常に力を入れており、通常の交渉でも10数万円ほどの値引きは可能です。

デザインが特殊だという事情もあり、あまり広く市場で受け入れられてるとは言えない車ですので、販売店も売上に力を入れているのでしょう。

ですので、ホンダからの乗り換えだと非常に有利に交渉に挑むことができます。

下取り価格をしっかりと事前に市場調査し、中古車販売サイトなどで現在の車のリセールバリューを確認しておきましょう。

現在乗っている車がホンダである場合は、それを必ず伝えましょう。

営業マンとの交渉は、必ずしもディーラー下取りに応じなくても大丈夫です。

ディーラーの下取りは、その後リセールする際の利益も考えた上での下取りになりますから、愛車の本来の市場価格とは乖離している可能性が高いです。

いまは、ネットなどで全国相手に、中古車の市場価格を簡単に見積もりできますから、直接自分の手で中古車に出したほうが、トータルの利益で見ると高くなる可能性が高いです。

値引き交渉のコツと時期

値引き交渉01

発売直後の時期は避けるべし!

まず、発売直後の注文が殺到する時期は避けましょう。

ホンダ側も受注に忙しく、いちいち値引きの交渉に応じていられない可能性が高いです。

そして、発売直後は不具合が出る可能性も高いですので、安全安心なドライブ環境を守るためにも、発売直後の購入は待ったほうがいいでしょう。

発売半年後のマイナーチェンジ時期がオススメ!

購入の時期のポイントですが、発売半年後のマイナーチェンジの時期などがおすすめです。

その時期には、発売当初モデルの販売予想と実態販売数の乖離が問題となっているはずですので、ホンダ側も売上に力を入れているはずです。

率直に言って、今回の2016年新型ステップワゴンは、燃費はいいもののそれほどファミリー層に好評とは言いがたいのです。

エンジンはダウンサイジングターボですが、箱型ミニバンを購入する層は大抵の場合、ファミリー層で、ファミリー層はHVを好む傾向があります。

HVは燃費以外にも、走り出しがスムーズで、音が静かだという特徴があります。

ですので、赤ちゃんや幼児、高齢者などがいる世帯は特にこのHVを好みます。

またデザインもかなり個性的であり、購入者を選びます。

よって半年後のマイナーチェンジの際は、売上にもっと力を入れるようにホンダ販売店はプッシュされており、販売員も販売には熱心なはずだと予想できます。

ですので、発売半年後のモデルチェンジ時の購入がオススメです。

もうひとつのオススメ時期と値引きのコツ

もうひとつ新型2016ホンダステップワゴンの購入オススメ時期があります。

それは、3月の決算時期です。

決算の時期には、一年の売上を立てるために、それまでの在庫をはくために割引を多少上乗せしてでも販売に拍車をかけようとします。

また販売員の売上ノルマも多少きつくなりがちです。

ですので、交渉するならこの時期がいいでしょう。

そして決算の時期は、各社一斉に値引きに力を入れますから、他のワゴンと比較検討しているということを営業マンに話した上で、じっくりと値引き交渉するのがいいでしょう。

交渉時に最も重要な点

値引き交渉で最も重要な点は、車体価格の値引額に一喜一憂しないことです。

実は、車体本体価格の値引き自体は、大きなものではありません。

最も手元に現金を残す方法は、本体価格を最大限値引いてもらうことではなく、今自分が乗っている愛車をディーラー以外に下取りに出すことです。

おすすめなのがガリバーです。

ガリバーではステップワゴンでもそれ以外の車でも、市場価格よりも上、そしてディーラーの下取り価格よりもはるかに上の金額で買い取ってくれます。

本体価格を10万円値引いてもらって、ディーラー下取りが5万円になった場合、実質的な値引額は15万円ですが、本体価格を5万円値引いてもらってガリバーでの下取りが35万円になった場合、実質の値引き額は40万円になります。

ガリバーでの下取りを念頭において、ガリバーで見積もりを出してから、ディーラーに交渉に行くといいでしょう。

ガリバー