廃車買取業者は詐欺師なのか? どうやって儲けているのかを解説します。

事故車や廃車にする車を買い取る業者の広告では
【廃車費用無料】
【レッカー代無料】

などという文言をよく目にすると思います。

でも、全部無料と言われてしまうと中古車業者では引き取れないって言われた車を引き取って、全部無料ってどういうことなんだ?もしかして詐欺なんじゃないのか?なんて考えてしまいますよね。

そこで今回は中古車業者では引き取れないような車を、廃車買取業者はどうやってお金に変えているのかを解説します。



廃車をお金に変える方法

廃車をお金に変える方法は大きく分けて3つあります。
1つは車の形のままで海外で売る方法。
2つ目は分解してパーツ取りをする方法。
3つ目は金属の素材として換金する方法です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.海外で売る方法

海外では丈夫で壊れにくい日本車は人気の車です。廃車買取で買い取った車の場合は価格も抑えられるので、引き取った時点で走行可能な車は主に東南アジアなどで売られることになります。

『走行可能なのに廃車にするの?』と思うかもしれませんが、日本の中古市場は【走行距離】を非常に気にするため、走行距離が長過ぎる車は引き取ってもらえないこともあります。

海外では『車は走れなくなるまで乗る物』という考え方をする人も多いため、走行距離の長い車でも普通に売れるので、走行可能な車は換金が比較的簡単です。

2.分解してパーツ取りをする方法

車が壊れる時というのは当然、全てのパーツが同時に壊れるわけではないので、廃車になるような車でもまだまだ使えるパーツはたくさんあります。

上で書いたように海外では日本の車が人気ですが、『パーツ交換のときに新品のパーツを取り寄せていたら中古車が買えてしまう』なんてこともあるため、交換用のパーツも基本的に中古品が取引されることが多いです。

なので、中古車市場を開拓できれば自然と中古パーツも売れる環境が整えられることになります。

3.金属の素材として換金する方法

上記の2つの方法で換金できなかった車は金属の素材として換金されます。

といっても、多くの人が想像するような『スクラップにして一山いくら』というような素材ばかりではありません。

車のパーツの中には排ガスの排出を抑えるための触媒としてプラチナが使われていたり、それ以外にも様々なレアメタルが使われています。

近年、これらの価格はかなり高騰しているため金属素材を回収するだけでもそれなりのお金を稼ぐことができるのです。

詐欺的な手法を取る業者も

ここまでは正攻法で廃車買取の利益を上げる方法を紹介してきましたが、業者の中には詐欺的な手法で金を儲けようとする輩も存在します。

その方法として最も簡単なものは、車からプラチナや簡単に取り外せるパーツだけを抜き取って残りを不法投棄する方法です。

この場合、当然費用のかかる廃車処理は行わずに捨てるため、車の所有者は変更されないまま不法投棄されます。つまり、最終的な責任を所有者が負う可能性があるということです

このような詐欺的な業者に合わないためにも、廃車買取業者はなるべく名前の知られた大手を選ぶようにしましょう。

実は元を取れない車もある?

上では『廃車はお金になる』という話をしてきましたが、物によってはやはり元が取れなさそうな状態の車というのも存在します。

『やっぱり買い取ってもらえない車もあるのか』と思うかもしれませんが、優良な業者の場合元が取れない車でも無料で引き取ってくれます

何故かというと、上で書いたような方法で車を換金する場合、まず数がないと話にならないからです。

例えば海外に車を持っていく場合でも、ある程度数を揃えなければ輸送費が高く付きますし、日本車市場を築けなければ中古パーツも売れません。

なので、特に大手の廃車買取業者は『どんな車でも買い取ります』と言って、例え元が取れなさそうな車でも買い取ってくれるわけです。

逆に言えば、あまり多くの廃車を扱っていない小さな業者ほど詐欺的な手法でお金を儲けようとする可能性が高いので注意が必要になります。

当サイトのイチオシ廃車買取業者は、廃車買取の最大手であるカーネクストです。

どんな車も買取りますと宣言しているので、この記事を読んで『俺の車は元が取れなさそう』と思った人でも一度申し込んでみることをおすすめします。