個人又は代理で車を売却する際の必要書類と作成方法とは?

こんにちは、車LABOです!さて今日は個人や代理で車を売却する際に必要な書類と作成方法について解説していきます。

3D Man accident investigator

初めて車を売却するときって、何から準備して何をすれば良いのか分からないものですよね!

僕もはじめて車を売却した時は、実際に売却するまでに相当苦労した経験があります。

そこで今回はそんな初心者に向けた『車売却の基本』を軸に必要書類と作成方法を解説していきたいと思います。

車を売却する際に必要な書類を準備しよう!

データー

他人から車を購入して乗るには、名義変更や保険加入が必要になります。

その手続きの際に様々な書類が必要になるので、車の引き渡しの際には必ず必要な書類がすべて揃っているか確認する必要があります。

1.車を売る側の準備

1.個人間で車を売却する場合
必要書類概要
車検証通常車内に保管厳守ですが、もし紛失した場合は国土交通省の運輸支局で再発行可能です。
自賠責保険証明書保険料納付を証明する書類です。車検証と共に車内で保管厳守が義務づけられていますが、紛失した場合は各保険会社で再発行してもらいましょう。
自動車税納税証明書自動車税納付後に送付される納税証明書です。もし紛失した場合は自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で再発行しましょう。
委任状/譲渡証明書名義変更の際に必要な書類で売却者の実印が必要になります。
譲渡証明書ダウンロードはこちら
委任状のダウンロードはこちら
印鑑証明書実印登録の印鑑証明書です。お近くの役所で登録発行してもらいましょう。
リサイクル券 車のリサイクル料金を納付したことを示す証明書です。もし紛失した場合は運輸支局で再発行してもらいましょう。
住民票/戸籍謄本車検証記載の住所と現住所が異なる場合は住民票が必要です。また何度も転居を繰り返している場合は戸籍謄本が必要になるので役所で発行しましょう。
予備検査証/登録識別情報等通知書 一時抹消や予備検査付きで売却する際に必要な書類ですが、個人売買の場合は名義変更時のトラブルが多いので予備検査付きで売却することが得策です。
2.代理で車を売却する場合

代理で誰かの車を売却する場合は、上記表の必要書類に加えて『委任状』『代理人の身分証明書』が必要になります。

2.車を買う側の準備

1.個人間で車を購入する場合
必要書類概要
車庫証明車の保管場所を証明する書類で、警察署で発行することができます。
実印
印鑑証明書
役所で印鑑を実印登録後に証明書も発行してもらえます。

各書類の作成方法とは?

syorui

必要書類の理解と準備が整えば、あとは書類作成を行うだけです。

書類作成をすべて代理で行ってくれる業者も存在しますが、実は意外と簡単なので自分1人で作成することができます。

各書類作成については、国土交通省が公式ホームページでサンプルを紹介しているのでご覧ください。

→各書類作成サンプルはこちら

まとめ

いかがでしたか?

個人売買は何かとトラブルが多いと思われがちですが、しっかりと準備しておけば相手側が何か因縁をつけてきても法的に対処できるので安心です。

この記事があなたの売買に役立つことを心から願っています!