税金未納の車を売却する前に知っておきたい5つの注意点とは?

こんにちは、車LABOです!今回は税金未納車を売却する前に知っておきたい5つの注意点についてご紹介します。

car-zeikin

『税金未納分を車を売却して得たお金で支払いたい・・・」

こう願う人たちはたくさんいると思います。

でも、税金を未納している車なのに簡単に売却なんて可能なのでしょうか?

自動車税未納でも売却はできるの?

zeikin

基本的に、大手買取業者では税金未納車の買取は行っていません。

ほとんどの場合はお断りされます。

一方で中堅の買取業者やその辺の小さな買取業者であれば、『査定合計金額から税金未納分を天引き』という形で買取交渉に応じてくれる場合もあります。

ただし、税金未納で売却する場合には以下の5つに注意しましょう!

1.名義変更はできるが車検更新できない

軽自動車や一般車両に関わらず、名義変更は可能です。

しかし、車検更新ができません。

つまり最低でも買取契約後すぐに納税する必要があるというわけです。

2.買取業者に買取を断られる

大手買取業者では買取を断れるケースが多いです。

3.買取業者に買い叩きされる

そもそも納税できないくらいお金に困っていることを買取業者に逆手に取られ、買取価格を叩かれる可能性が高いです。

いづれにせよ、買取価格に対して強気の交渉は一切できなくなります。

4.名義変更の関係でトラブルになる可能性が高い

名義変更をどのタイミングで行うかは非常に重要になってきます。

税金未納で業者へ売却する場合は、買取価格から未納分の税金を天引きした価格で買取契約を行う業者がほとんどです。

この場合、名義変更後にこちら側に請求書が届かないように手続きしておく必要があります。

廃車手続きをした日付までの税金と、名義変更した後の税金の請求先について先方と綿密に話し合いをして、書面上で契約を交わしておきましょう!

税金未納車を売却する時の手続き方法とは?

税金未納車を売却する際は、買取価格から税金未納分を天引きしてもらう交渉をしましょう。

おそらくそれ以外での買取契約は拒否されます。

税金未納車を売却するのであれば、まずは『一時抹消』を行いましょう。

一時抹消とは、車の所有権を新しい所有者へ譲渡するために一時的に車の登録を抹消することを指します。

つまり、『廃車手続き』というわけです。

税金未納車でも廃車手続きはできるので、一時抹消手続きを行えば無駄な税金を支払わずに済みます。

廃車後は、その月までで再計算し減額された自動車税納付通知書が届くので提示された金額を支払えばOKです!

まとめ

torable

いかがでしたか?

決して税金未納車でも売却できないわけではありません。

ただし、手続きが色々と面倒くさいことを事実です!

基本的には税金はきちんと納付してから売却することをオススメします。