トラブル回避!車の売却手続きをする前に注意すべき5項目とは?

こんにちは、車LABOです!今回は車の売却手続きをする前に注意すべき5項目をご紹介します。

car-baikyaku

車の売却は、例え大手買取業者であってもトラブルは日常茶飯事です。

特に個人間の売買取引なんてもっとトラブル事例が多発しています。

でも、安心してください!

前もってしっかりと準備して知識があれば、トラブルを回避することができるのです!

売却手続き前に注意すべき5つのポイントとは?

car-baikyaku1

車を業者または個人へ売却する際に注意する点はに以下の5つになります。

1.契約完了後に再査定を要求される

既に査定をして売却手続きの契約が完了し、支払いも済んだ後で『減点ポイントが出てきたので再査定した結果、買取価格を減額させて頂くことになりました!』と要求してくる輩営業マンが稀にいます。

いくら消費者保護法が適用されるとはいえ、これは明らかに査定した鑑定士のミスであり責任があります。

しかし、契約約款に小さく『再査定での減額がある』という趣旨が記載されている場合もあるので注意が必要です。

こういったトラブルを回避するには、事前に査定士や営業マンに『後から再査定で減額されることはありませんよね?』と念を押すか、一筆書いてもらうことをオススメします。

2.車引き渡し完了するも名義変更をせず税金類が請求される

車の引き渡しが完了したにも関わらず、買い手が一向に名義変更を行わないケースがあります。

名義変更が行われなければ、現状の名義人である売り手に税金等の請求書が届きます。

こういったトラブルを回避するには、一時抹消予備検査付きで売却することをオススメします!

3.名義変更や買取金額の支払い完了前に買取業者が倒産

売却契約を交わした業者が名義変更を行う前に倒産して、税金等の請求が届いたり買取金額が支払われないといったトラブルも多発しています。

こういったトラブルを回避するには、ガリバーやGooといった資本力のある業者を選定することが先決です。

また、一時抹消や予備検査付きで売却をすることがオススメですね。

4.リサイクル料金が査定額に含まれているか

自動車には『リサイクル法』というものが存在します。

これは、車1台に対し1回だけ『リサイクル料金を納付しなさい』という法律です。

つまり、

新車購入時した時は国へリサイクル料金を納付し、中古車を購入した時は売り手から『リサイクル料金納付済み証明書』を買い取る必要があります。

今回の場合、売り手は自分なので買取業者にリサイクル料金納付済み証明書を買い取ってもらうわけですが、車体査定金額の合計に予め含まれているのか確認しましょう。(一般的には含まれて査定される)

これを確認しないと、後からトラブルになる原因となってしまいます。

5.自動車税の残が査定額に含まれているか

毎年1回納付する自動車税ですが、これは『その年の4月1日から翌年3月31日』の分を支払っています。

つまり、年度の途中で自動車を売却する際は残りの自動車税分を受け取ることが可能なのです。

ただ、この残月分の自動車税が買取査定金額に含まれているのかは業者によってもバラバラなので注意が必要です!

査定時に含まれているのかを聞いておきましょう!

まとめ

satei

いかがでしたか?

大金をもらって安心する気持ちも分かりますが、軽い判断と知識量で車を売却すると後でとんでもないトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので注意が必要ですね

売却前に1度基本的な知識をおさらいしておくことをオススメします!

個人又は代理で車を売却する際の必要書類と作成方法とは?