車を買い替え!保険の車両入れ替え手続きはいつのタイミングが良い?

こんにちは、車ラボです!今回は保険の車両入れ替え手続きはいつのタイミングがベストなのかについてまとめました!

事故

新しい車に乗り換える場合、必ず自動車保険の車両入れ替え手続きが必要になります。

なぜなら、この手続きせずに新しい車を運転して事故にあっても保険が一切おりないからです。

では、この車両入れ替えをするタイミングはいつが1番ベストなのでしょうか?

車両入れ替えのタイミングはいつがベスト?

車01

結論から言うと、1番ベストなタイミングは新しい車が納車する前です。

買い替えする車との契約が済んだ時点で前の車で契約している保険会社に連絡して、車両入れ替えしたい趣旨を告げましょう。

1.納車後に車両入れ替えするのは危険!

車両入れ替えを行わずに納車時に乗って事故を起こしても当然ながら保険はおりないので絶対にやめましょう!

2.車両入れ替え後は前の車に乗らないこと!

車両入れ替えをした後で前の車に乗って事故を起こしても保険は一切おりないので注意が必要です。

車両入れ替えの手順について

事故01

  1. 新しい車を契約する
  2. 新しい車の車検証またはコピーをもらう
  3. 納車日を決定する
  4. 保険会社に連絡して車両入れ替えに必要な書類をもらい記入して提出する
  5. 契約車両変更によって発生した差額を清算または申請する

1.車両入れ替えできる条件とは?

車両を入れ替えするには各保険会社にて条件が定められているのでチェックしておきましょう!

今回は東京海上日動を例に解説します。

  • (1)入替後のお車の所有者が以下のいずれかに該当すること。

    • a.ご契約のお車の所有者(所有権留保条項付売買契約によるお車の場合は買主、貸借契約により借り入れたお車の場合は借主とします。)
    • b.記名被保険者*2(ご契約のお車を主に使用される方)
    • c.b.の配偶者(婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。)
    • d.b.またはc.の同居の親族
  • (2)入替後のお車が、新たに取得または1年以上を期間とする貸借契約により借り入れたお車または上記(1)に該当する方が既に所有しているお車であること。

  • (3)ご契約のお車と入替後のお車が同一の用途・車種(同一とみなして取り扱うことができる用途・車種を含みます。)に該当すること。

引用元:http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?

車両入れ替えの手続をせずに新しい車を運転して事故を起こし、多額の借金を背負ってしまうケースは毎日のように起こっています。

明日は我が身ですので、きちんと手続きを行って安心して快適に新しい車に乗りましょう!