【簡単】車の名義変更時に買う側と売る側が必要な書類と書き方とは?

こんにちは、車ラボです!今回は車の名義変更時に必要な書類と書き方を買う側と売る側でそれぞれまとめました!

契約

車の名義変更を行う際には、様々な書類の準備と提出が必要になります。

それも、売る側なのか、買う側なのか、個人売買か中古車買取店なのかによっても必要書類が変わってきます。

実際に私も初めて車を売却した際は凄く苦労したので、今日は誰でもスムーズに名義変更手続きを完了できるように分かりやすく簡単にまとめました!

売る側が用意する必要書類とは?

握手

1.中古車買取店に売却する場合

必要書類概要
譲渡証明書買取店が用意してくれます。
▼書き方はこちら
印鑑証明書発行日から3ヶ月以内のものが必要。役所で発行しましょう。
▼書き方はこちら
委任状買取店が用意してくれます。
▼書き方はこちら
車検証切れているものは不可。紛失した場合の再発行は陸運局で手続きできます。
車庫証明証お近くの警察署で発行できます。

2.個人間売買の場合

必要書類概要
車検証通常車内に保管厳守ですが、もし紛失した場合は国土交通省の運輸支局で再発行可能です。
自賠責保険証明書保険料納付を証明する書類です。車検証と共に車内で保管厳守が義務づけられていますが、紛失した場合は各保険会社で再発行してもらいましょう。
自動車税納税証明書自動車税納付後に送付される納税証明書です。もし紛失した場合は自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で再発行しましょう。
委任状/譲渡証明書名義変更の際に必要な書類で売却者の実印が必要になります。
譲渡証明書ダウンロードはこちら
委任状のダウンロードはこちら
印鑑証明書実印登録の印鑑証明書です。お近くの役所で登録発行してもらいましょう。
リサイクル券 車のリサイクル料金を納付したことを示す証明書です。もし紛失した場合は運輸支局で再発行してもらいましょう。
住民票/戸籍謄本車検証記載の住所と現住所が異なる場合は住民票が必要です。また何度も転居を繰り返している場合は戸籍謄本が必要になるので役所で発行しましょう。
予備検査証/登録識別情報等通知書 一時抹消や予備検査付きで売却する際に必要な書類ですが、個人売買の場合は名義変更時のトラブルが多いので予備検査付きで売却することが得策です。

買う側が必要な書類とは?

必要書類概要
印鑑証明書発行日から3ヶ月以内のものが必要。役所で発行しましょう。
▼書き方はこちら
委任状買取店が用意してくれます。
▼書き方はこちら
車検証紛失した場合は警察署で再発行しましょう。
自動車税証明書自動車税を納税して期間が余っている場合はこちらも用意しましょう。支払い時にもらう領収書のことです。

⇒家族間で譲渡する場合の準備書類と手続き方法はこちら

まとめ

いかがでしたか?

これで名義変更に必要な書類はどの立ち位置にいても一目瞭然ですね。