中古の輸入外車を購入する前に知るべき選び方と7つの注意点とは?

こんにちは、車ラボです! 今回は中古輸入外車を購入する前に知るべき選び方と7つの注意点をまとめました。

輸入会社

車のユーザーが1度は所有してみたいのが輸入車ですね。

ただ新車で買うと国産車に比べてどうしても割高になる面もありますので中古で輸入車を買おうと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな中古の輸入車を購入する際に注意すべき点をお話していきます。

中古の輸入外車を購入する前に知っておくべき注意点

ベンツa

1:正規輸入車なのか並行輸入車なのかを確認する

輸入車には日本販売を目的として、正規ディーラーが販売している「正規輸入車」

海外で売られているものを専売業者などが直接仕入れてくる「並行輸入車」とがあります。

特に事情が無い限りは規輸入車」を選ぶべきでしょう。

「並行輸入車」はディーラーの保証を受けていないため、ディーラーで修理を受け付けてもらえないばかりか

専売業者にも修理の技術が無い場合は故障したら終わり…ということにもなり兼ねません。

 

2:輸入車は思わぬ部分が故障する

日本と違い、海外ではある程度の整備はオーナーが自らするという文化が根付いています。

当然メーカーもその文化ありきで車を生産していますので

日本では廃車まで交換の必要が無い部品ですら、消耗品として扱っている場合もあります。

その車の特徴を十分に把握し、自分でメンテナンスできるかどうか検討してから購入しましょう。

 

3:故障した際の部品供給

車種によっては故障した際の部品の供給が非常に遅くなることもあります。

と、いうのも日本には部品がなく、本国からの取り寄せになることが多いからです。

購入を決める前に部品は潤沢に用意されているのか。

ないのであれば部品供給までにどれくらいの期間がかかるのかは確かめておいたほうが良いです。

 

4:メンテナンスにかかる金額

輸入車は点検費用やオイル交換なども国産車と比べると割高になっているものが多いです。

最低限オイル交換、定期点検、タイヤ交換、タイヤ代くらいは調べてから

購入を検討するべきでしょう。

 

5:右ハンドルにするか左ハンドルにするか

右ハンドルにするか左ハンドルにするかは賛否両論があるのですが

日本の道路は右ハンドル前提で設計してありますので

左ハンドルはどうしても運転しにくくなります。

 

6:任意保険の相談は購入前に

輸入車は任意保険の保険料も高かったりしますので

購入前にいくら程度になるのか試算してみてもらいましょう。

 

7:あまりにも古いものは避ける

国産車ならまだいけるといった年数、例えば10年落ちくらいの車は

なるべくならば避けましょう。

輸入車の寿命は国産車に比べると短い傾向にあります。

⇒正規輸入車の品揃え業界トップクラスのズバットで検索する

 

中古輸入外車の正しい選び方とは?

輸入車の正しい選び方ですが、まず特別な事情がない限りは「正規輸入車」の中から選ぶようにしましょう。

また販売店にその後のメンテナンスや整備、部品供給などはしてくれるのかどうか聞いておくことも大事です。

そこをクリアしたら、後は前述した注意点を気にしながら自分の好みに合った輸入車を選ぶのが良いでしょう。

⇒正規輸入車の品揃え業界トップクラスのズバットで検索する

まとめ

輸入車と国産車は同じ車でも全く違うものだ。

この認識をしっかり持っておけば輸入車選びで失敗することはぐっと少なくなるでしょう。

今回紹介した注意点をあなたの輸入車選びに役立てて下さい。

⇒正規輸入車の品揃え業界トップクラスのズバットで検索する