年収300万円の20代が300万円の車をローンで購入するのはOK?

こんにちは、車ラボです! 今回は年収300万円の20代が年収以上の車をローンで購入するのはOKなのか、どこで線引きをすれば良いのかについてご紹介します。

20代車

年々20代の給与所得が下降傾向にあり、自家用車を所有することも厳しい世の中になりました。

駐車場代などが発生しない地方と比較して、特に東京都内で車を持っている20代は滅多にお目にかかりません。

でも自家用車は男のロマンですよね!

そこで今日は年収300万円の20代が年収以上の車をローンで購入することは可能なのかをまとめました!

果たして購入は可能なの?

20代 車

年収300万円/手取り20万円弱の20代が300万円する車をローンで購入することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、独身且つ、ゆとりのある生活を我慢できるのであれば可能です。

ここで言うゆとりというのは、趣味のお金をローンに回せるか、ボーナスで大きな買い物をすることはできなくなる、等のことです。

実際のシュミレーション

新卒

これはざっくりとしたシミュレーションですが、

  • 車両金額:3,000,000円(頭金無し、車検整備込)
  • 支払回数:60回(年収考慮して長め)
  • 毎月の返済金額:36,428円
  • ボーナス月返済金額:146,448円

上記はボーナス有りの5年と仮定して算出しました。

また、オートローンの金利は、銀行HPを参考にし、3.55%に設定してあります。

このほかに、毎年の税金・車検代・消耗品代・ガソリン代・タイヤ代(冬用)などなど、購入してからもそこそこの金額が必要になってきます。

なるべく安く抑えるコツとは?

故障や事故の際には思わぬ出費がかさむことも考慮しなければなりません。

ここまでマイナス面ばかりを羅列してきましたが、そうかといって実際に同じくらいの年収で同等以上の車に乗られている方も多く見受けられますね。

車体購入後のメンテナンス等を、知り合いの車屋さんにお願いして工賃を割引してもらったり、整備は自分でやるという方は、それだけでも5年もあれば、かなりの金額差が生じてきます。

今悩んでいる若者に伝えたいこと!

たとえ維持が難しくなったとしても、ローン残高以上で売価ができれば特に問題にもなりませんし、なんといっても若いうちは乗りたい車に乗ってもらいたいというのが筆者の考えです。

入社したばかりでお金も無かった筆者は、とにかくほしい車に乗りたくて300万円程度のアメ車を購入しました。

税金も9万円弱だし、ガソリンも食うしで大変でしたが、それでも何とかなりました!

無理をして車に乗るのが苦しくなってしまっては元も子もありませんが、そのくらいは我慢できるし、車に乗っているときは楽しさを得られるという方は、冒険してみても良いのではないかと思っています。

まとめ

多少の無理は若いうちにといいますが、もちろん”独身者の場合に限る”です!

妻子持ちの方は、自分の体もお金も、自分一人だけの物ではありません。

見栄を張って高級車に乗るよりも、大切なことはあります。

生活が幸せだから、車に乗っている時も幸せを感じられるという事だけは忘れないで頂きたいと強く思っています。

賢い20代はこちらの記事も読んでいます!