【意外と安い!】BMWZ4の年間維持費と燃費はどのくらい?

こんにちは、車ラボです!今回はBMW Z4の維持費と燃費についてまとめました!

bmw z4

近年若者に人気のBMW!

ただ、どうしても外車って”壊れやすい”とか”高そう”とかその他もろもろな不安がありますよね。

筆者はアメリカや欧州車を数台乗り継ぎましたが、正直2000年以降の車であれば、昔のような弱さ(故障しやすさ)は見受けられませんでした。

近年では日本国内の台数も増えたことから、保守パーツやカスタム部品も比較的手に入るようになってきましたし、整備を行ってくれる工場も増えてきています。

そこで今回お勧めしたいのが”Z4”という車です。

BMW Z4の魅力とは?

bmwz4

中古市場も50万円~と安く、何しろ見た目がかっこよい!

ボディタイプは2シーターで、クーペとコンバーチブルの2種類が存在します。

小さい車体でBMWの中では安価だからと言って、やはりBMW!高速走行時の安定性や、峠道のワインディング等、走行性能はピカイチです!

2シーターなのでファミリー向けの車ではありませんが、独身の方であれば是非とも手に入れて運転を楽しんでいただきたい車の一台です。

⇒BMWなら3人に1人が利用しているガリバーで検索!

年間維持費の相場と燃費について

やはり車を購入する際に気になるのが維持費!

ここではZ4の維持費についてご説明したいと思います。

項目Z4(2,000cc)Z4(3,000cc)備考
自動車税¥39,500¥51,0001年に1回
ガソリン代¥89,552¥120,000年間10,000km走行 120円/l
車検代¥40,000¥40,0002年に1回
重量税¥16,400¥16,4002年に1回
合計¥185,452¥227,400

車の乗り方にもよりますが、上記金額が最低維持費になります。

とはいえ、ひと月換算すれば約20,000円程度ですので、十分ターゲットに入ってくるのではないでしょうか。

排気量の割に車体が軽いため、比較的燃費が良いのもメリットの一つではないでしょうか。

走りこみたい方はもちろん3,000ccをお勧めしますが、普通に乗れたらそれで良いという方は2,000ccでも十分なパワーがありますので、無理に3,000ccを買う必要は無いです。

まとめ

まず20代でBMWに乗っている時点でモテます(笑)

最近のコンバーチブル車は空力計算されておりますので、オープンな状態でも大きく髪型が乱れることもありませんので、女性の方でも気にすることなく屋根を開いて走ることができるのです!

一度オープンを体験すると忘れすことのできない快感を経験することができますので、お車をお探しの方は、ぜひ検討の一台に加えて頂いたらと思います。

【徹底比較まとめ】アウディとBMWの年間維持費はどっちが高い?