【知らなきゃ損する!】バッテリー充電料金価格の相場とは?

こんにちは、車ラボです!今回はバッテリーの充電料金価格の相場についてまとめました!

バッテリー1

バッテリーあがりは車のトラブルの中でもかなり多い部類のトラブルになります。

上がったバッテリーは交換するのが1番ですが、バッテリーだって安いものではありません。

今回は運悪く上がってしまったバッテリーを充電して再利用しようというお話です。

バッテリー充電料金の価格相場とは?

バッテリー充電

バッテリーの充電はガソリンスタンドや最寄りのディーラーなどでもできます。

お店によって様々ですが、相場はだいたい1,000円~2,000円ほど。

ただしバッテリーは本来、低負荷でゆっくりと充電してあげるべきなのですがお店ではお客さんを待たせるわけにはいかないので高負荷で一気にバッテリーを充電します。

この充電方法はバッテリー自体に良くない方法なのであまりオススメはできません。

バッテリー充電を安くする方法とは?

ローン01

もし安くバッテリーを充電したいのであれば、車を走らせるのが1番です。

バッテリーは走行中に充電されますので、長い距離ドライブすればある程度は充電されます。

もしバッテリーがあがってエンジンをかけられないという場合はジャンプスターターや救援車がいるのであればブースターケーブルなどを利用すればエンジンをかけることが可能です。

どちらもホームセンターなどで簡単に手に入り、ジャンプスターターが5,000円程度、ブースターケーブルが1,000~3,000円程度なのでわざわざガソリンスタンドやディーラーでバッテリーに負荷をかける充電を1,000~2,000円払ってすることを考えると非常にお得な方法です。

まとめ

バッテリーは待機時にも放電をしていますので

車に乗らない期間が少し長く空いてしまうと充電不足になる可能性があります。

そんな時に慌てて直そうとしてしまうと余計な出費がかさむことになりかねません。

今回ご紹介した方法を知っておけばもしもの時に役に立つこと間違いなしです。